こんなことがありました。

ブログ

12月24日 これまで紹介できなかったものを・・・①

今日から冬休みに入りました。児童生徒の皆さんは、元気に過ごしているでしょうか。さて、今日から3日間、12月の出来事で紹介できなかったものを掲載します。まずは、ALTによるクリスマスのお話です。12月18日に行いました。

ALTが「なぜ、クリスマスを祝うのか」と分かりやすくお話ししてくれました。

次は、12月14日に行われた「おにぎりづくり」です。小学3年生~中学3年生が「ふるさと創造学サミット」に参加したので、小学1,2年生が挑戦しました。

一生懸命作って、おいしく食べ、みんなで協力して後片付けを行いました。

今度は、小学5年生の川の観察です。12月17日に行いました。

校長先生が川の流れや石の形の違いなどをお話くださいました。実際に行かないと分からないこともたくさんありました。

ところで、今日はクリスマスイブですね。皆さんは、どんなふうに過ごされますか? 昨日まで校舎に響いていた子どもたちの声が今日は聞こえません。ちょっと寂しさも感じる冬休み第1日となりました。  Merry  Christmas!!

 

0

12月23日 第2学期終業式

12月23日は終業式でした。(写真は小学校長式辞)。小学校80日間、中学校81日間にわたって、充実した学校生活を送ることができました。子どもたちを支えてくださった皆様には本当に感謝です。

式では小中校長による式辞(写真は中学校長式辞)のあと、児童生徒代表の生徒が「2学期の反省と冬休みの抱負」をテーマに意見発表を行いました。

小学校1年生と中学3年生とでは、やっぱり身体の大きさが全然違いますね。

式の後、生徒指導主事から冬休みの注意事項についてお話がありました。「イカのおすし」 分かります?

また、各学年で作成した「いじめを『しない、させない、許さない』宣言」を発表しました。

2学期間、様々な行事があり、子どもたちは多くの体験をして、多くを学び、大きく成長することができました。それにしましても、子どもたちのために、多くのご支援、ご協力をいただきましたことに厚く御礼申し上げます。

年末年始は、どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。

なお、このブログですが、2学期の間に紹介できなかったものもありますので、明日以降も続ける予定です。どうぞ、お楽しみに。

0

12月20日 いよいよ、エゴマ班の登場!!

今日は、小学5,6年生が発表した「エゴマ」について紹介します。浪江町で昔から食べられていたエゴマですが、今、そのエゴマを町の特産品にしようと取り組んでいる方がいらっしゃいます。その方の協力を得て、学習を進めてきました。

本当は4人で発表する予定でした。でも、体調不良もあり2人での発表になってしまいました。でも、この2人、本当によく頑張りました。素晴らしいかったのです。

実際にチャレンジしたエゴマ料理の様子も紹介しました。何事も体験して初めて分かるものがあるものです。こういった経験を通して、ますます、エゴマへの興味が湧いてきたそうです。

セッションの最後には、交流の時間があります。エゴマ班もクイズ形式にしました。例えば、「エゴマは、ゴマである。○か×か」「エゴマを『じゅうねん』というが、それはなぜか」 みなさん、分かりますか?

会場を回りながらマイクを差し出す姿から一生懸命さを感じます。子どもたちの純粋さに感動する一コマです。

 

さて、今年もあと10日ほどを残すのみとなりました。過ぎてしまえば、あっという間ですね。本校は来週の月曜日が終業式です。一人一人が着実に成長していることを感じた2学期でした。

さあ、そろそろ大掃除を・・・という方もいらっしゃるのではないかと思います。頑張りすぎて、体調を崩すことのないよう十分お気を付けください。今週もご覧いただき、ありがとうございました。

 

0

12月19日 大豆レンジャー登場!! 「浪江町の新たな一歩」③

今日は、大豆班の発表を紹介します。味噌やしょう油の原料となる大豆について調べてきた大豆班は、学びの過程を『修行』になぞらえ、物語風に発表を行いました。このポーズ、決まっているでしょ!! 以前紹介して、何かをお知らせできなかったのは、この大豆レンジャーだったのです。

大豆レンジャーの修行は、懐かしい日本むかし話を彷彿とさせるナレーションから始まりました。

大豆を育てたこと、除草をしたこと、大きく成長したことなど、体験した内容を堂々と発表しました。

大豆から味噌やしょう油を作る過程などを詳しく話します。実際に体験しているだけに、その内容はしっかりしたものでした。

大豆レンジャーの発表は、聞いている方も引き込んでいきました。最後のクイズでは、みんな正解しようと真剣に考えてくださいました。

クイズの答えの発表のたびに、歓声が沸きました。大豆レンジャーが体験したことをクイズにしましたが、大人でも分からない難問もありました。工夫を凝らした発表に拍手喝采です!!

この大豆班、大切に育ててきた大豆が、台風19号によって壊滅的な被害を被ったことが残念でならなかったに違いありません。がっかりした様子で学校に戻ってきた様子が忘れられません。でも、数日後、その大豆畑から新しい芽が出ているのを知ったときの笑顔も忘れられません。子どもたちは、様々な体験を通して多くのことを学んでいます。 

あしたは、エゴマ班の発表を紹介します。

 

0

12月18日 交流への新たな取り組み 「浪江町の新たな一歩」②

昨日のつづきです。いよいよセッションの始まりです。まずは、中学3年生が取り組んだトルコギキョウです。JINさんが取り組んでいるトルコギキョウについて、様々な体験をしたり、お話を聞いたりしたことを発表しました。

最初なので、だいぶ緊張しているようです。題名は「広めよう 浪江町のトルコギキョウ」です。

ARを紹介しています。スマホにダウンロードさせることで、これまでの取組が動画で見られます。

そして、今回の目玉は、自分の取組を発表した後、参加者から意見や考えを聞くことです。このように車座になって意見や考えを聞きました。テーマは「町が復興していると感じるときは、どんな時だろう」「自分の町や村は、将来どのようになってほしいか」「自分の町や村は、将来どのような町になっているだろうか」「自分の町や村のことをたくさんの人に知ってもらうにはどうしたりよいだろう」の4つを挙げ、参加者で考えたいテーマを一つ選びました。

様々な意見や考えが出されました。「大きなイベントをすることによって人を呼ぶことが大事だ」、「私たちが元気に生活していることを知らせることが大切だ」「将来は、人ととのつながりが実感できる温かい町になってほしい」など、普段生活しているからこそと思わせる意見ばかりでした。参加者の皆さん、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

中学3年生は、2回、セッションを行いました。2回とも参加者からたくさんの意見が出されました。自分の考えていたことと同じような意見もありましたし、思いもつかなかったような意見もありました。学びに広がりと深まりを感じたようです。「緊張したし、大変だったけれど、やって良かった!」これは、中学3年生のセッション直後の感想です。

明日は、大豆班の様子を紹介します。

0

12月17日 浪江町の新たな一歩 ~農業の復興を通して~ ①

12月14日、第6回双葉郡ふるさと創造学サミットが郡山市の「ビッグパレットふくしま」で開かれました。本校は小3生~中3生までが参加し、総合的な学習の時間を中心に取り組んできた「浪江町の『農』について」発表を行い、意見交換などの交流を行いました。今日は掲示物と開会式の様子を紹介します。

こんなふうに掲示も工夫しました。児童生徒の皆さんの力作です。

直前の練習風景。少しずつ緊張が高まってきました。

開会式では、学校を代表して2人が今回の意気込みを発表しました。

開会式も終わり、いよいよセッションの始まりです。明日また、紹介します。お楽しみに!!

 

0

12月13日 きっぱりと冬が来た!!

寒くなりました。日差しがあっても、吹き付ける風は冷たくなっています。暖冬といわれていますが、朝夕はやっぱり寒い。「きっぱりと冬が来た」ようです。

元気に登校してきた小学生。カッコイイポーズをとってくれました。

小学校の教室では、先生が優しく髪をセットしています。風で髪が乱れたのでしょう。

こちらの教室では体温計測。インフルエンザの流行もあり、保健の先生が毎朝、教室を回って検温しています。

昇降口では、毎朝、花が子どもたちを迎えてくれます。季節を問わず花に囲まれた学校生活です。本校の伝統になりつつあります。

廊下では、小学2年生が水やりをしていました。冬なので、土が乾いた頃を見計らって水をやっています。

中学3年生の教室では、理科の授業の予習をしていました。「天体」に入っています。

 

明日は「ふるさと創造学サミット」に参加します。小学3年生から中学生までの参加です。これまで取り組んだ学習の成果を発表して、様々な方々と交流を深める予定です。その模様は、来週お知らせします。

なお、小学1、2年生は学校で授業を行います。何やら楽しい企画があるようです。その様子も来週お知らせしますね。

2学期の登校もあと6日程度になりました。年末ですね。慌ただしい毎日が続きますが、皆様、どうかお身体には十分お気を付けください。今週もご覧いただき、ありがとうございました。

0

12月12日 みんなで大切に育てます!!

先日、寛仁親王信子妃殿下から、チューリップの球根をいただきました。全校児童生徒、そして教職員も大喜びです。本当にありがとうございました。

さて、12月12日、地域の方々と一緒に球根を植えました。たくさんの方にご協力いただき、植えることができました。

子どもたちが、地域の方に教えていただきながらプランターに球根を植えた後、地域の方々が花壇に植えてくださいました。

来春が楽しみです。早咲きのチューリップは4月の入学式に間に合いそうです。新入生をチューリップの花で迎えようと思います。

信子さま、本当にありがとうございました。大切に育てます。

0

12月11日 祝 来校者10万人突破!!

先日、ブログの来校者が10万人を突破しました。多くの方にご覧いただいておりますこと大変有難く思っております。本当にありがとうございます。今回は、10万人突破を記念いたしまして、これまでの本校の歩みをほんの少しですが、紹介いたします。この写真は6月13日に行われました絵画教室の様子です。二科会の先生方にご指導いただきまして、大きな絵画を完成させました。この絵画は9月に東京六本木で開催されました第104回二科会の展覧会にキッズゲルニカとして展示されました。

平成30年4月6日の開校式・入学式の記念写真です。なみえ創成小・中学校が第一歩を記した記念すべき日です。

平成30年10月13日に開催された第1回合同運動会。地域の方、学生ボランティアなど、約200名の方々が浪江の空の下で一緒に汗を流しました。

平成30年12月5日、寛仁親王妃殿下からいただいたチューリップの球根を地域の方々と一緒に植栽をしました。みんなで笑顔の記念撮影です。翌年4月、早咲きのチューリップが新入生を迎えました。

平成31年3月16日、校歌完成の集いが開かれました。町民の方々もお祝いしてくださいました。

平成31年4月8日、入学式が行われました。新しく仲間になった小学1年生6名の記念写真です。

令和元年5月17日に行われた「演劇的手法を使ったコミュニケーションワークショップ」の一コマ。本校の特色でもあります。自ら考えてコミュニケ-ションしようとする能力を養います。

令和元年10月5日に開催された第2回合同運動会。今年も200名を超える方々に参加いただきました。写真は中学3年生と俊足揃いの地域の方、大学生との真剣勝負の様子です。

令和元年10月31日から2泊3日の日程行われた修学旅行・校外学習。第1日目は、昨年度、ご来校賜った寛仁親王妃殿下を訪問し、感謝の気持ちを伝えさせていただきました。

 

開校して、まだ2年目の途中ですが、多くの方々に支えていただいていることを実感しています。これかたも、前を向いて進んでいきたいと思います。これからも、よろしくお願いいたします。

 

0

12月10日  リハーサル!!

12月14日にビッグパレットふくしまで開かれる「ふるさと創造学サミット」に向けて、リハーサルを行いました。今回の写真は担当者の強い要望により、詳細はお知らせできませんが、雰囲気だけでも・・・と思いましてお知らせします。

小学1、2年生がお客さんになり、発表を聞きました。この時、大豆班が発表しているのですが、衣装をまとっていますので、掲載NGと担当者から言われてしまいました。当日の発表の模様は後でお知らせしますね。

映像の確認もあるので大変です。発表と映像が合うように工夫しています。

発表の後は交流です。質問を呼びかけると、多くの手が挙がりました。うれしいですね。

次は7,えごま班のリハーサルです。小学5、6年生が発表します。リハーサルとはいえ緊張したようです。

楽しい発表のようで、小学1、2年生も楽しんで聞くことができました。さすが、小学5、6年生、工夫していますね。

今週の土曜日が本番です。その模様(詳細?)は、来週早々にお知らせします。お楽しみに!

 

担当者が、出張等で学校を不在にしており、ブログを更新することができませんでした。すみません。

0